(SeaPRwire) –   東京2024 年 2 月 1 日若狹正一氏率領的笹川ハンセン氏病(らい)イニシアチブは世界保健機関(WHO)と提携し、2024 年 1 月 31 日ジュネーブの WHO 本部において、ハンセン病影響者に対する差別と偏見をなくすための 2024 グローバルアピールを開始しました。

式典には、WHO 事務局長であるテドロス・アダノム・ゲブレイェスス博士と、WHO ハンセン病撲滅のための親善大使であり、日本財団の会長でもある笹川陽平氏が出席しました。

今年の訴えは、人々にハンセン病に関する事実を学び、正確な情報を共有し、誰もが治療可能な病気のせいで取り残されない世界を作るように呼びかけています。 訴えは「差別という連鎖を断ち切り、ハンセン病のない世界の実現に向けて取り組み、この病気の影響を受ける人々全員に尊厳とケアを確保しましょう」と述べています。

文章はインド出身のアヌシュカ・サルナと、南アフリカ出身のアフララ・モヨが読み上げました。 2 人はどちらもジュネーブを拠点とする WHO 職員の子どもです。

WHO の事務局長であるテドロス・アダノム・ゲブレイェスス博士(右)と、WHO のハンセン病撲滅のための親善大使であり、日本財団の会長でもある笹川陽平氏(左)が、2024 年のグローバルアピールの朗読を見守っている。
WHO の事務局長であるテドロス・アダノム・ゲブレイェスス博士(右)と、WHO のハンセン病撲滅のための親善大使であり、日本財団の会長でもある笹川陽平氏(左)が、2024 年のグローバルアピールの朗読を見守っている。

2024 グローバルアピールは、2006 年からの年間アピールの 19 回目となります。 WHO 親善大使である笹川氏のイニシアチブであるこのアピールは、1 月の最後の日曜日である世界ハンセン病デーの前後に行われます。

すべてのアピールは、ハンセン病としても知られるハンセン病の影響を受けている人々に対する差別をなくすという呼びかけをサポートする、影響力のある個人または組織によって支持されています。これまでのところ、支持者のリストにはノーベル平和賞受賞者、国際弁護士協会、世界医師会、列国議会同盟が含まれています。今年、WHO がリストに加わりました。

発足のセレモニーは、ストラディバリウスのミニコンサートから始まりました。そこには、優れた若手バイオリニストであるジュゼッペ・ギボニと吉本莉乃が出演しました。

ハンセン病影響者に対する差別の撤廃に関する国連特別報告者であるベアトリス・ミランダ・ガラルサ博士は、ビデオメッセージの中で、毎年 20 万件の新しいハンセン病の症例が報告され、何百万人もの人がハンセン病のために障害を抱えているという事実を鑑みて、人権に基づく支援とケアのシステムを確立する必要が緊急にあると述べています。 彼女は、「優れた支援とケアシステムへのアクセスを保障することは、人権の義務であるだけでなく、ハンセン病影響者とその家族に対する差別の撤廃を確実にするための条件でもあります」と述べました。

インド(世界で最も多くの症例を報告)の WHO 代表である ロデリコ H. オフリン博士がビデオメッセージの中で述べたところによると、インドは、2023 年に開始されたハンセン病の 5 年間国家戦略計画とロードマップで、ハンセン病影響者の人権の保護と偏見との闘いを優先しています。この計画の重要な構成要素は、国レベルと亜国家レベルに残っているすべての差別的法律を廃止することです。さらに、心理的ケアとカウンセリングを提供して、メンタルヘルスを促進することも含まれていると述べました。

ビデオメッセージを寄稿したのは、世界で 5 番目に多くの症例があるバングラデシュの WHO 代表であるバルダン・ジュン・ラナ博士です。彼は、2019 年と 2023 年の全国ハンセン病会議で、シェイク・ハシナ首相がバングラデシュが 2030 年までにハンセン病をゼロにすることを呼びかけたと述べ、バルダン博士は政府と民間部門と協力してこの目標を実現する意欲を示しました。

事務局長テドロスと親善大使笹川の対談の中で、笹川は、WHO と笹川ハンセン氏病(らい)イニシアチブが約 50 年間ハンセン病の撲滅に取り組んでおり、特定の目的について これほど長く取り組んでいるのは非常に珍しいことであると述べました。彼は「この長年の協力から 成果が得られなくてはなりません」と述べました。

テドロス博士は、WHO の世界ハンセン病(らい病)戦略 2021-2030 がハンセン病をゼロにするために必要な措置を明確に定めており、WHO はそれを実施するため各国を支援するためにあらゆることを行うと述べました。 ハンセン病をゼロにするためには、人々が中心となったアプローチを通じて、地域全体の協力と偏見と差別の撤廃を促進することが早期診断と治療に貢献し、障害を防ぐと強調しました。

グローバルアピールに続いて、親善大使の笹川はタンザニアへ行く予定で、そこで2 月 7 日から「Don’t Forget Leprosy”キャンペーンを支援するため、キリマンジャロ山の登山を計画しています。

笹川ハンセン氏病(らい)イニシアチブについて

本文由第三方廠商內容提供者提供。SeaPRwire (https://www.seaprwire.com/)對此不作任何保證或陳述。

分類: 頭條新聞,日常新聞

SeaPRwire為公司和機構提供全球新聞稿發佈,覆蓋超過6,500個媒體庫、86,000名編輯和記者,以及350萬以上終端桌面和手機App。SeaPRwire支持英、日、德、韓、法、俄、印尼、馬來、越南、中文等多種語言新聞稿發佈。

本イニシアチブは、ハンセン病撲滅のための WHO 親善大使である笹川陽平氏、日本財団、笹川保健財団による戦略的同盟であり、ハンセン病とその関連する問題のない世界を実現することを目指しています。 1975 年以来、日本財団と笹川保健財団は WHO を通じて流行国のハンセン病撲滅計画を支援しており、これまでの支援額は約2 億米ドルに上ります。 日本政府やその他の協力機関と協力して、国連で働きかけを行っており、2010 年のハンセン病影響者とその家族に対する差別の撲滅を求める国連総会決議や、国連人権理事会による